シナリオ

📺📺📺 シナリオ名 📺📺📺
「メモリーシャッフル」


📺📺📺 はじめに 📺📺📺
このシナリオは、GMなしで楽しむことができます。
ゲームを円滑に進めるために、進行役(経験者推奨)を決定し、その方が中心となって進めるようお願いいたします。
※必ず、この記事のリンクから他のページに飛ぶようにしてください。


📺📺📺 ストーリー 📺📺📺
天才発明家である「なんでも博士」と、博士を慕う子どもたちは、アフリカへ旅行に来ていた。

もちろん、旅行先へは、博士の発明品である「どこでもドローン」でひとっ飛びだった。

「どこでもドローン」は、機体に乗り、行きたい場所を頭に思い浮かべると、そこまで自動運転で連れて行ってくれる。

アフリカへ到着すると、楽しそうにサバンナの動物たちと遊ぶ子どもたち。

しかし、そこに凶暴なライオンが近づく!

怯える子どもたち。

「大丈夫じゃよ!」

博士が、手に持っていた懐中電灯のようなものをライオンに向ける。

ライオンがその光を浴びた瞬間、博士に、まるで猫のように頭を擦り付けてきた。

博士の発明品の「服従電灯」おかげである。

この電灯の光を浴びると、電灯の持ち主の言いなりになってしまうのである。

博士の発明品は、いつでも、子どもたちを楽しませていた。

彼の、最愛の孫である「キータ」が殺されるまでは・・・・・・


📺📺📺 事件の概要 📺📺📺
サバンナの草原の中に突然、大きな建物が出現した。

これも博士の発明品である、「インスタントホテル」である。

インスタントホテルは、お湯をかけるだけで一瞬にしてホテルになる。

ホテルの中で、一晩過ごす博士と子ども4人のあなたたち。

朝になると、突然、博士からホテル全体に放送が入る。

「新しい発明品を開発したんじゃが、急いで広間に集まって欲しいんじゃ。」

あなたたちは、次はどんな発明が見られるのかワクワクしながら広間に集まった。

すると、博士が、なにやら赤黒い斑点模様の、小さなテレビのようなものを持ち、待っていた。

キータ以外の3人が、広間に集まると、博士は話し始める。

「まず、皆にこの画面を見てほしいんじゃ。」

あなたたちが、テレビの画面を見た瞬間、画面から、まばゆい光が放たれる。

その光を見た瞬間、あなたたちは次々へと倒れていく。

そのまま、数時間が経過した。

あなたたちが次に目を覚ますと、博士はテレビとともに姿を消していた。

その代わりに、そこには、キータの無残な死体が、横たわっていた。

死体の横には、手紙が一通、博士の筆跡である。

―――――――――さっき、君たちに見せた発明は、「メモリーシャッフル」という発明品じゃ。この光を浴びると、昨晩の記憶が、近くにいた人とシャッフルされてしまう。記憶が、取りかえっこされてしまうということじゃな!そんな君たちにお願いがあるんじゃ。ワシの最愛の孫のキータが、昨日の晩、殺されてしまったんじゃ。その犯人を、見つけてほしいんじゃ―――


📺📺📺 登場人物 📺📺📺
💀キータ
なんでも博士の孫。
臆病で勉強はできないが、思いやりがあり、皆から慕われていた。

📺アカコ
学校でマドンナ的存在。
可愛いが、プライドが高い。

📺アオキチ
お金持ちで頭も良い。
しかし、ずる賢い一面もある。

📺ゴオレ
貧乏だが力が強い。
ガキ大将。根は優しい。

📺📺📺 導入 📺📺📺
あなたたちの目的は、「事件の真相」を探りつつ、それぞれのミッションを達成することにあります。
なお、「事件の真相」を知っているプレイヤーについては、周囲にバレないように行動してください。


📺📺📺 ゲームの流れ 📺📺📺
このシナリオは以下の流れで進行します。
キャラクターシート黙読(10分)
チャプター1:全体討論(10分)
チャプター2:最終全体討論(20分)
推理発表パート(15分:1人5分目安)

チャプター1、チャプター2の冒頭で公開される情報があります。それらの情報は全て真実です。
チャプター2終了後、推理発表パートに移ります。各プレイヤーはチャプターや討論で得た情報を基に推理を発表してください。発表順は、話し合いによって決定してください。
全員の推理発表が終わり次第、「エンディング」のページを読んでください。その後、「事件の真相と得点計算」について確認してください。


📺📺📺 キャラクターシート 📺📺📺
プレイヤーは自身のキャラクターシートをよく読み、全員が理解しおわったのちに事件の真相を明らかにするための討論を行ってもらいます。
また、自身のキャラクターシート以外の部分は、絶対に読まないようにお願いします。


「アカコ」のキャラクターシートへ


「アオキチ」のキャラクターシートへ


「ゴオレ」のキャラクターシートへ


📺📺📺 ルール及び禁止事項 📺📺📺
議論は全体討論のみで行われます。密談や、その他のプレイヤー間における個別の情報のやり取りを禁止します。
どのプレイヤーも自由に嘘をつくことができます。ただし、嘘ばかりついていると、担当しているキャラクターのミッションを達成しにくくなるかもしれません。
ミッション達成のために必要だとプレイヤーが判断した場合、キャラクターシートの内容の一部を話してしまうことは可能です。ただし、キャラクターシートの内容をそのまま読み上げてはいけません。この場合、話す内容によってはミッションの達成が著しく困難になることも考えられます。よく考えて発言しましょう。


📺📺📺 チャプター 📺📺📺
チャプター1へ


チャプター2へ


📺📺📺 エンディング 📺📺📺
エンディングへ



📺📺📺 事件の真相と得点計算 📺📺📺
事件の真相と得点計算へ

スポンサーサイト



2021-01-04 : メモリーシャッフル : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

3m48eujkxpzd

Author:3m48eujkxpzd
マーダーミステリーのシナリオです。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR