シナリオ

🏫🏫🏫 シナリオ名 🏫🏫🏫
「 僕たちは、まだ、子どもだったから 」


🏫🏫🏫 はじめに 🏫🏫🏫
このシナリオは、GM必須です。
以降は、GMが中心となって進めるようお願いいたします。
※必ず、この記事のリンクから他のページに飛ぶようにしてください。


🏫🏫🏫 ストーリー 🏫🏫🏫

「鈴木先生」

誰よりも生徒思いの先生だった。

寝る間も惜しんで、生徒のことを一番に考えるような

教育者の鑑のような人だった。

そんな先生の死体が、今朝、職員室で発見された。

発見したのは、学校の長であり、鈴木先生の実の父親である校長先生だった。

そして、校長先生は4人の生徒を学校に呼び出した。

なぜ、呼び出されたのか、うろたえる生徒達。

校長先生は、しばらく黙った後、静かになった生徒達に向けて言葉を発する。

――――――皆さんが静かになるまで、5分もかかりました―――――――


🏫🏫🏫 登場人物 🏫🏫🏫
💀鈴木先生
熱血で、生徒からの信頼がかなり厚い。
いつも、生徒のことを一番に行動していた。

🏫校長先生(GM)
鈴木先生の実の父親である。
優しい性格で、先生達から慕われている。

🏫ヨウタ
明るい性格だが頭は良くない。

🏫カズノリ
眼鏡をかけており痩せている。
いつもヨウタとヨシエと一緒である。

🏫ヨシエ
大人しそうな女の子。
不登校だった時期がある。

🏫マルオ
生徒会長を務めている。
成績は常に学年トップである。


🏫🏫🏫 導入 🏫🏫🏫
あなたたちの目的は、「鈴木先生が死んだ真相」を探りつつ、それぞれのミッションを達成することにあります。


🏫🏫🏫 ゲームの流れ 🏫🏫🏫
このシナリオは以下の流れで進行します。

キャラクターシート黙読(15分)
チャプター1:全体討論(20分)
チャプター2:最終全体討論(30分)
推理発表フェイズ(20分)

🏫チャプター1、チャプター2の冒頭で公開される情報があります。それらの情報は全て真実です。

🏫チャプター2終了後、推理発表パートに移ります。各プレイヤーはチャプターや討論で得た情報を基に推理を発表してください。発表順は、プレイヤー同士で話し合って決めてください。

🏫全員の推理発表が終わり次第、「エンディング」のページを読んでください。

🏫その後、「事件の真相と得点計算」について確認してください。


🏫🏫🏫 キャラクターシート 🏫🏫🏫
プレイヤーは自身のキャラクターシートをよく読み、全員が理解しおわったのちに犯人を特定するための討論を行ってもらいます。
また、自身のキャラクターシート以外の部分は、絶対に読まないようにお願いします。


「校長先生(GM)」のキャラクターシートへ


「ヨウタ」のキャラクターシートへ


「カズノリ」のキャラクターシートへ


「ヨシエ」のキャラクターシートへ


「マルオ」のキャラクターシートへ


🏫🏫🏫 ルール及び禁止事項 🏫🏫🏫
議論は全体討論のみで行われます。密談や、その他のプレイヤー間における個別の情報のやり取りを禁止します。
どのプレイヤーも自由に嘘をつくことができます。ただし、嘘ばかりついていると、担当しているキャラクターのミッションを達成しにくくなるかもしれません。
ミッション達成のために必要だとプレイヤーが判断した場合、キャラクターシートの内容の一部を話してしまうことは可能です。ただし、キャラクターシートの内容をそのまま読み上げてはいけません。この場合、話す内容によってはミッションの達成が著しく困難になることも考えられます。よく考えて発言しましょう。


🏫🏫🏫 チャプター 🏫🏫🏫

チャプター1へ


チャプター2へ


🏫🏫🏫 エンディング 🏫🏫🏫

エンディングへ


🏫🏫🏫 事件の真相と得点計算 🏫🏫🏫

事件の真相と得点計算へ

スポンサーサイト



2020-07-20 : 【僕たちは、まだ、子どもだったから】 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

3m48eujkxpzd

Author:3m48eujkxpzd
マーダーミステリーのシナリオです。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR