エンディング

「わ、わたしは、悪くない、全部、そ、そいつが悪いんだ・・・・」

医者は、カヨコの亡骸を指差しながら、後ずさりをする。
すると、病院の廊下が騒がしい。どうやら、警察が病院に到着しているようだ。

医者は、半狂乱になり、病室が5階であることを忘れているのか、窓から逃げようとする。
飛び降りようとする刹那、ヒロトが医者の手を掴んだ。
宙づりになる医者。

安心するのもつかの間。

汗で徐々に医者とヒロトの手が離れていく。
全員で引き揚げようとしたその瞬間、一瞬早く手が離れてしまう。
医者はまっさかさまに地上に落下していった。

窓から下を覗くと、手足がありえない方向に曲がった血まみれの医者の姿があった。

全員があっという間の出来事に茫然としている中、ヒロトだけが笑みを浮かべていた。

スポンサーサイト



2020-07-15 : 【奇病】 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

3m48eujkxpzd

Author:3m48eujkxpzd
マーダーミステリーのシナリオです。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR